FC2ブログ

生命保険・住宅ローン・消費者金融などなど

生命保険・住宅ローン・消費者金融などなど身近なお金に関する、様々な話題についてまとめてみました!!
スポンサードリンク

自動審査!5秒で回答!安心便利な三井住友銀行グループのアットローン 三井住友銀行グループのアットローン 三井住友銀行グループのアットローン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

車両保険とは

車両保険は、一般に割高であることは先に述べたが、それでも需要がある所を見ると、いかに車を大切にしている方が多いかということだ。
車両保険は、消耗品の保証というよりは、事故や自損など、車両を修復する費用と考えられているし、私も同じ認識である。
「転ばぬ先の杖」ということわざは、車両保険に限らず、全ての保険に言えるだろう。
自動車オーナーの乗車頻度によっても、車両保険は変わってくるかもしれない。
走行距離5万キロや10万キロで交換時期がくる、「タイミングベルト」や「ウォーターポンプ」といったパーツが呼称した場合、車両保険というよりはメーカー保証だろう。
出来るだけ安くあげたい車両保険だから、保険会社の比較も重要になってくる。

車両保険は、ある程度の相場は存在するが、一般に「高い」というイメージはあろう。
しかし、大切な車や高価な新車であれば、車両保険加入のメリットはあると言うことなのだ。
車両保険は、ボディの小傷から保証対象だろうから、新車をピカピカの状態にしておきたい方は、入っておくべきだろう。
所有している自動車が、どのくらいの価値があるかで、車両保険の掛金は変わってくるので、使用年数や走行距離など、車自体のコンディションも影響してくる。
車両保険にも、一般の自動車保険と同じように「等級」があって、それによって掛け金が変動する。
自分の自動車の等級、車両保険に加入した場合の、掛け金などの概算を知りたい場合は、ネットの、自動車保険関連のサイトを参考にしても良いだろう。
また、同じ等級であっても、保険会社によって車両保険の内容が微妙に違うので、そのあたりも十分に調べておく必要がありそうだ。
スポンサーサイト
[ 2009/12/12 ] | 生命保険・住宅ローン・消費者金融
グーグルで検索

Google

BBS7

BBS7.COM
MENURNDNEXT

ランキング

  • seo

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。